Hanabishi
koya-san cooking



当店は明治の初期、女人禁制の古き頃から高野山料理を創業致して参りました。昭和四六年には天皇、皇后両陛下の行幸のみぎり、また昭和五二年には昭和天皇、皇后両陛下の高野山行幸のみぎりには、すべて高野山料理の調理、賄方の光栄に浴して参りました。健康食に、長寿食に是非一度御賞味くださいませ。

精進料理

 佛教が六世紀に中国より渡来して以来、修行僧の食物にきびしい戒律を加えて各宗派独特の精進料理が生れ、長い年月を経て現在に至っています。「精進」という語源は、ただ魚肉を避けた食物を意味するものではなく、宗旨を問わず精神修養を意味した佛教用語です。

 高野山料理といえば、精神料理であります。空海(弘法大師)が高野山を開いて千百数十年の長い間、数多い僧侶の食膳が山菜、野菜によってまかなわれて現在にひきつがれております。霊場高野山より奥地は護摩壇山を経て熊野三山に通じるっ広大な山並みに春、秋の旬の山菜が豊富に自生し、これらの山菜が高野山料理の主役をつとめるのです。

 精進料理は季節感を大切にし、五法、五味、五色の組合わせをきびしく現在に伝えています。五法とは、「生のまま」「煮る」「焼く」「揚げる」「蒸す」の調理法であり、五味は、「醤油」「酢」「塩」「砂糖」「辛」の味で、五色は、「赤」「青」「黒」「黄」「白」の色彩をいいます。いわゆる「目食」を大切にすることから五色の組合わせを伝え、材料の味付けを五味とし、味のバランスを五法としていることは料理界すべてに通じる基本でもあります。

 また、数多い寺院の間にも佛教的な伝統行事が沢山あって、そこに客が集まって共に食事するのが習になっています。高野山ではこれを「振舞」といって、その作法形式も昔から引きつがれて現在も行なわれています。この「振舞料理」はすべての本膳形式であって、残った料理は全部折箱に納めて全くきれいにして斎食が終わり、これは茶事に見る茶懐石の基本を思わせます。伝統を守る佛教界では、このようにして精進料理が何の抵抗もなく現在も調理され、振舞われています。

千有余年の霊山の移り行く季節の味を伝統の技で丹精込めておもてなし。
自然の幸を愛でるようにご満喫いただく精進料理の逸品ばかり。
高野山での想い出に華をそえて心ゆくまでお召し上がりください。

ご予約について


6,300円以上のお料理については、ご予約を願います。

ご予算、行事に合わせて、ご相談させていただきます。

最大で40名様のご予約をお預かりできます。

ご予約は一週間前までにお願いいたします。

店舗情報

総本山金剛峰寺 御用達 高野山料理 花菱

和歌山県伊都郡高野町高野山769番地

TEL:0736-56-2236 FAX:0736-56-2175

Copyright (C)2007-2015 hanabishi. All right reserved.